デリケートゾーン黒ずみ対策

正しい洗い方でデリケートゾーンの黒ずみ対策|そのポイントは?

おそらく多くの女性が毎日お風呂に入って、体を洗っているでしょう。そしてデリケートゾーンもきれいに洗浄しているはずです。股間を清潔にしておくことはあらゆるトラブルを予防するためにも欠かせないことです。
ただしそれは、正しい洗い方ができていることが前提です。女性の中には普段何気なく、デリケートゾーンを洗っている人もいるでしょう。しかしデリケートゾーンの洗い方が間違っているようであれば、肌に逆に負担をかけている恐れがあります。
その結果、肌を守るためにメラニン色素がどんどん分泌され、デリケートゾーンの黒ずみの原因となっている可能性があります。

どのように洗えばいいか教わったことのない人も多いでしょうから、デリケートゾーンの正しい洗い方をここでマスターしましょう。

なんで正しい洗い方をマスターすることがデリケートゾーンの黒ずみ対策になるの?

間違ったデリケートゾーンの洗い方、特に強くゴシゴシ洗っているとデリケートゾーンの肌に強い刺激を与えていることになります。その結果メラニン色素の分泌が活発になって黒ずみが起こりやすくなるわけです。
そのほかにも炎症などの肌トラブルの要因となる可能性も考えられます。その炎症が長期化すると色素沈着を起こし、黒く変色して黒ずみになることも考えられます。
またきちんと毎日洗浄していないと、汚れを取り切れないです。その汚れが毎日積み重なることで、悪臭を放ったり、黒ずんだりなどのトラブルにつながってくる可能性もあります。

費用 基本的にゼロ
解消までの期間 数か月単位
解消効果 黒ずみ以外にもにおいなどの効果もある

正しい洗い方のポイント1:手で洗うこと

デリケートゾーンを洗うときに、ほかの体の部位の流れでタオルやスポンジを使っている人も多いでしょう。しかしこれだと摩擦が強くなって、刺激になりかねません。そこで股間を洗うときにはタオルなどをいったんおいて、指の腹を使って優しく洗いましょう。デリケートゾーンはその名の通り、ほかの部位と比較して皮膚が薄く敏感です。ちょっとした摩擦も刺激になりかねません。
また手の動かし方も重要なポイントです。前から後ろに流すような感じで洗いましょう。またゆっくり丁寧に洗うことも大切なポイントです。特に性器の周辺は複雑な構造をしていて、隙間などに恥垢や尿のかすなどの汚れが溜まりやすいです。笹っと手早く洗うと、この汚れを取り切れない恐れがありますから注意が必要です。

正しい洗い方のポイント2:しっかりゆすぐこと

せっかく丁寧に洗浄しても、ゆすぎがいい加減であれば洗浄剤が残ってしまいます。この洗浄剤が刺激になって、黒ずみを誘発する可能性もあります。ですから洗浄剤を使っているのと同じ時間、場合によってはより長くすすぎをするように心がけましょう。この時ぬるめのお湯を使ってすすぐことがポイントです。熱めのお湯を使ってしまうと乾燥しやすくなって、肌トラブルのリスクを高めてしまいます。

正しい洗い方のポイント3:専用の洗浄剤を使用する

多くの女性が股間を洗うときにその他の続きで、ボディソープやせっけんを使っているでしょう。しかし市販のボディソープやせっけんで洗うと、デリケートゾーンの肌にとっては強い刺激となりかねません。現在通販サイトを中心にデリケートゾーンに特化した石鹸が販売されています。こちらは刺激を最小限にして、肌トラブルが起こらないように作られています。こちらを使って大事にケアをするのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法「正しい洗い方」をマスターすることで解消できる黒ずみの原因

デリケートゾーンの正しい洗い方を習慣つけることによって、黒ずみをもたらす原因をいくつか排除できるとみられます。では具体的にどのようなデリケートゾーンの黒ずみの原因を排除できるかについて、以下で詳しく紹介します。

正しい洗い方をマスターすることで対策できる黒ずみの原因1:炎症やかぶれ

ごしごしと強めの力で洗ってしまうと、デリケートゾーンの皮膚にダメージを与える恐れが出てきます。結果的に中には炎症やかぶれなどを引き起こす人も出てくるかもしれません。この肌トラブルがなかなか治らないと傷跡のように色素沈着を招き、黒ずんでしまう可能性もあります。またかぶれが起きると時に我慢できないほどのかゆみになることも十分考えられます。そしてつい何度も掻いてしまうとそれが刺激になって、メラニン色素の分泌を招く結果になりかねません。優しく洗う正しいスタイルをマスターできれば、余計なダメージを与えることなく炎症やかぶれの起きるリスクも低減します。

正しい洗い方をマスターすることで対策できる黒ずみの原因2:陰部の乾燥

先ほど紹介したように市販のボディソープやせっけんは使わないほうがいい理由として、洗浄力が強すぎることも挙げられます。洗浄力が強くて、皮脂など肌を守るために必要なものも根こそぎ取り去ってしまいます。皮脂は肌の中の水分が蒸発しないようにするためのふたの役割もありますが、市販の石鹸やボディソープを使用するとうまく機能しなくなります。すると肌の内部の水分がどんどん蒸発してしまって、乾燥します。乾燥もデリケートゾーンの黒ずみの要因となりえます。専用のソープを使えば、必要な皮脂を残しながら汚れを取り除くことが可能です。つまり肌の水分も維持しやすくなり、乾燥しにくい環境を整備できます。

正しい洗い方をマスターすることで対策できる黒ずみの原因3:誤った洗浄方法

誤ったデリケートゾーンの洗浄方法を続けていると、無用の刺激を肌に与えて、黒ずみの原因となります。しかしここで正しい洗い方をマスターできれば、余計な刺激を洗浄しているときに与えなくて済みます。毎日の繰り返しのことですから、正しく洗っているかそうでないかで時間の経過が長ければ長いほど差も大きくなるでしょう。