デリケートゾーン黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみ対策「下着の見直し」のポイントとは?

そもそもデリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、メラニン色素が分泌されるからです。メラニン色素は日焼けして肌が浅黒くなるのと一緒です。私たちの体は肌が刺激を受けると、それを保護するためにメラニン色素を分泌します。つまり肌になるべく刺激を与えないようにすることが大事です。中でも自分の体のサイズに合っていない下着をいつも着用していると、肌が常に圧迫されたような状況になります。その結果、肌を圧迫から守ろうとしてメラニン色素が分泌され、黒く変色した状態になるわけです。

なんで下着の見直しをすることがデリケートゾーンの黒ずみ対策になるの?

もし今自分の体形にフィットしていない下着を使用していると、常に股間が圧迫を受けている形になります。また24時間のうちお風呂を除くとほとんどの時間でパンティを装着しているはずです。例えば歩いたりかがんだりなど、足を動かしたときに下着と肌がこすれやすくなるでしょう。この摩擦も刺激の一種と私たちの体は認識します。そこで肌を守るためにメラニン色素の分泌が活発になって、デリケートゾーンに色素沈着が起きるわけです。逆に体のサイズに合ったパンティを常に着用すれば、このような圧迫や摩擦も最小限に抑制できます。肌を守るためにメラニン色素を分泌する必要がなくなり、黒ずみの解消される可能性も高まるわけです。

費用 安いものであれば1着500円程度から
解消までの期間 数か月単位
解消効果 徐々にではあるが継続すれば可能性大

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法「下着の見直し」で解消できる原因

デリケートゾーンの黒ずみが起きる原因はいくつかあります。その中でも下着の見直しをすることによって、排除できる要因がいくつかあります。黒ずみの原因因子をいくつか排除できれば、色素沈着のリスクもその分低下します。具体的にどのようなファクターを排除できるのかについてみていきましょう。

下着の見直しで対策できる黒ずみの原因1:下着

自分の体にフィットしていない下着を履き続けると、どうしても摩擦や圧迫などの刺激が強くなって、メラニン色素が分泌しやすい環境になります。下着を自分の体のサイズにマッチするものにスイッチすることで、この刺激をだいぶ軽減できるでしょう。その結果、デリケートゾーンの黒ずみが徐々に解消される可能性は高いです。特にVラインが黒く変色して困っている人はいませんか?この原因は履き込み口のゴムによる締め付けが強いからとみられます。締め付けのあまり強くない下着にスイッチするだけでも、圧迫は解消されるはずです。
また素材にも注意を払いましょう。ポリエステルなどの化学繊維の場合、摩擦がどうしても大きくなりがちです。少し値は張るかもしれませんが、シルク地のパンティに変えると摩擦もだいぶ少なくなります。摩擦などの刺激が少なさそうな素材のものに買い替えると、黒ずみも徐々に薄くなっていくでしょう。
下着が原因で黒ずみができる?詳しい内容はこちら

下着の見直しで対策できる黒ずみの原因2:炎症やかぶれ

炎症やかぶれがデリケートゾーンで起きると、かゆくなりやすくなります。すると我慢できなくなって、その部分を掻いてしまうかもしれません。この行為が刺激になって、肌を守るためにメラニン色素の分泌を盛んにするきっかけになりかねません。実はこのかぶれや炎症についても下着の見直しをすることで防げる可能性は高いです。そもそも炎症やかぶれが起きるのは、下着の中で股間が蒸れてしまうからです。例えば額や首元などに汗をかいたとします。その場合、タオルやハンカチを使ってすぐにふき取れます。ところが股間に汗をかいた場合、特に人前でタオルやハンカチを取り出してふき取るのは厳しいでしょう。もし通気性に乏しい生地の下着を着用していると、股間がどんどん蒸れてしまいます。その結果、炎症やかぶれが起こりやすくなるわけです。もしポリエステルなどの化学繊維を使用したものを使っていると、群れやすいです。天然素材のものに置き換えるだけでも、通気性が高まり、股間が蒸れにくくなるはずです。よくデリケートゾーンのところがかゆくなるという方は、この辺のところの見直しも進めていきましょう。
炎症やかぶれが原因で黒ずみができる?詳しい内容はこちら

下着の見直しで対策できる黒ずみの原因3:誤った洗浄方法

先に紹介した炎症やかぶれと関連しますが、もしデリケートゾーンにかゆみを感じるとお風呂に入って洗浄するときにゴシゴシ洗うことも多いかもしれません。もしごしごしと強めの力で洗ってしまうと、どうしてもそれが刺激になって、メラニン色素の分泌のトリガーにつながりかねません。しかし下着を見直して、通気性に優れた素材のものに切り替えれば、このようなかゆみもあまり感じなくなります。その結果、お風呂に入っているときも強くこすって洗うようなこともなくなるでしょう。つまりそれだけ肌が刺激を受けなくなって、メラニンの分泌を抑制し、美白に徐々に変化する公算も強まります。