デリケートゾーン黒ずみ対策

デリケートゾーン黒ずみ対策で「保湿が有効なある理由」とは?

肌にとって乾燥は大敵で、デリケートゾーンも例外ではないです。もしデリケートゾーンが乾燥肌の状態になっていると、バリア機能が低下してしまいます。その結果、外部からの刺激に対して無防備な状態となって、肌トラブルが起こりやすくなります。肌トラブルが頻繁に起こると傷跡のように色素沈着の起きる可能性は高いです。
また肌トラブルが起きるとかゆくなって、ポリポリ掻いてしまいます。このかく行為が刺激になって、肌を守るためにメラニン色素が分泌され、デリケートゾーンの黒ずみになりかねません。ですからデリケートゾーンが乾燥しないように、常日頃から保湿対策をしっかり行う必要があるわけです。

なんで保湿がデリケートゾーンの黒ずみ対策になるの?

費用 保湿クリームなどを使用する場合数千円
解消までの期間 数か月
解消効果 肌トラブルの対応も可能

顔の肌の保湿対策を毎日行っている人は多いでしょう。しかしデリケートゾーンについては、お風呂で洗うけれども保湿はきちんと行っていない人も多いかもしれません。
デリケートゾーンは顔と比較して乾燥しやすいので、むしろより重点的に保湿を日頃から行った方がいいです。
デリケートゾーンの皮膚の厚みは体の中でも最も薄い箇所の一つです。もともと保水力の弱い箇所です。このため、保湿対策をきちんと行っていないと、どんどん肌に含まれている水分が蒸発してしまいます。ですからもともと乾燥しやすいのです。
毎日デリケートゾーンの保湿をすることで、乾燥しにくくなります。よってデリケートゾーンの黒ずみの原因である乾燥を排除できるわけです。結果的にデリケートゾーンが黒ずみにくくなりますし、徐々に色素沈着も薄くなります。

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法保湿で解消できる原因

保湿を毎日行うことはデリケートゾーンの黒ずみ対策に有効です。では保湿はどのような問題を解消できるのかについて紹介します。

保湿で対策できる黒ずみの原因1:乾燥

デリケートゾーンの黒ずみに限らず、乾燥は肌トラブルの大きな原因となりえます。乾燥することで肌のバリア能力が低下してトラブルが起こりやすくなります。また角質を厚くすることで低下したバリア機能の対処をすることもあります。角質の厚みが増すと、ガサガサして透明感が失われます。
保湿対策を日常的に行えば、肌に潤いがもたらされ、バリア機能も回復するでしょう。そうなれば、デリケートゾーンで肌トラブルが起きるリスクも少なくなりますし、肌のターンオーバーもスムーズになって黒ずみのない透明感のある肌をキープできるでしょう。
デリケートゾーンの乾燥が原因で黒ずみができる?2つの対策

保湿で対策できる黒ずみの原因2:炎症やかぶれ

デリケートゾーンが乾燥している状態が続くと、肌トラブルが起こりやすくなります。その結果、炎症やかぶれが肌に起きる頻度も高まります。するとかゆみに我慢できなくなって、ついつい何度も同じ個所を掻いてしまう人も出てくるでしょう。この掻く行為がデリケートゾーンの肌にとっては大きな刺激になります。すると肌が自身を守ろうとして、メラニン色素が活発に分泌されます。その結果、デリケートゾーンに黒ずみが起こりやすくなります。
保湿をすれば肌の保水力が増し、乾燥しにくくなります。すると炎症やかぶれも起こりにくいです。デリケートゾーンを掻く頻度も少なくなって、黒ずみの起きにくい環境を維持できます。デリケートゾーンは常に下着に覆われていて、蒸れやすいためかぶれや炎症が起こりやすいですから、特に注意が必要です。
炎症やかぶれはデリケートゾーンの黒ずみの原因?3つの対策方法

保湿で対策できる黒ずみの原因3:誤った洗浄方法

デリケートゾーンの保湿対策で注意しなければならないのは、洗浄方法です。もしやり方が間違っていると、逆に肌を乾燥してしまう結果につながりかねません。特に市販の石鹸やボディソープを使って股間を洗うと、洗浄力が強いので必要な皮脂も洗い流してしまいます。すると肌のバリア機能が失われ、水分がどんどん蒸発してしまいます。その結果、乾燥肌に陥りやすくなるわけです。保湿対策をすれば、間違った洗い方によって生じる乾燥をリカバリーできます。このため、デリケートゾーンの黒ずみリスクを低減できるでしょう。専用のボディソープを使用するなど正しい股間の洗い方をマスターすれば、さらに色素沈着のリスクを低くできます。