デリケートゾーン黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみ対策「生活習慣の見直し」3つのポイント

デリケートゾーンの黒ずみ対策の美白クリームもいろいろと販売されています。色素沈着を起こしているところに美白クリームを塗布することで、黒ずみを薄めることもできます。しかし一方でクリームを使っているけれども思ったようなデリケートゾーンの黒ずみ解消の効果が得られないというケースもあるでしょう。それはもしかすると生活習慣に原因があるかもしれません。生活習慣を見直して、規則正しい、ストレスのできるだけ多くない生活に改めてみると、黒ずみが解消される可能性は大いにあります。

なんで生活習慣の見直しがデリケートゾーンの黒ずみ対策になるの?

現代社会に生きる私たちは、仕事などが忙しくて生活がどうしても不規則になりがちです。朝早く起きて仕事に出かけ、残業続きで帰宅するのも夜遅くになるとどうしても十分な睡眠時間が確保できないという人も出てくるでしょう。忙しいので、パパっと食事を済ませないといけなくはありませんか?そうなると自炊をしている暇はなかなかないでしょうし、栄養バランスなども意識せずに、早く食事できるものを求めてしまいがちです。
このような不規則は生活スタイルを続けていくと、体に大きな負担がかかります。もちろん負担がかかるものの中には肌も含まれます。肌もダメージを受けてしまってメラニン色素の分泌を促してしまい、デリケートゾーンに黒ずみを引き起こしやすくなります。もしできるだけ規則正しい生活習慣を心がければ、肌のコンディションも整い、デリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消できるかもしれません。

費用 基本的に0円
解消までの期間 数か月程度はかかる
解消効果 黒ずみの予防以外にも色素沈着がすでに起きていても徐々に薄くなる可能性もある

生活習慣の見直しのポイント1:睡眠時間はしっかり確保すること

生活習慣を見直すにあたって、まずは睡眠時間をできる限り確保することです。仕事の関係でなかなか早く眠れないということもあるでしょうが、何もすることがなくてもそれまでの習慣で夜更かしをしているのであればそれは改めましょう。深い睡眠をとることで、肌のターンオーバーが進み新しい肌細胞に生まれ変わります。メラニン色素の排出も進み、黒くなっている個所も徐々に薄くなるでしょう。特に注意したいのは、眠る前にスマホやパソコンを見ることです。スマホやパソコンの画面からはブルーライトという脳を覚醒する光が出ています。これを眠る前に受けると、寝付きにくくなります。眠る前には本を読むなどして、眠りに落ちやすい環境を作るように意識しましょう。

生活習慣の見直しのポイント2:食生活の見直しも重要

生活習慣の見直しの中には、食生活ももちろん含まれます。栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。もし仕事が忙しいなどで、外食や総菜ばかりの生活を送っているようであれば、揚げ物や肉料理は少し控えることです。脂質の過剰摂取につながるからです。またメインの総菜だけでなく、サラダなどの野菜も意識して摂取するように心がけましょう。野菜や果物を摂取すれば、ビタミンやミネラルなどもしっかり摂取できます。もし栄養不足に陥っていて食生活だけでは賄えないようであれば、サプリを摂取してみるのも一つの方法です。

生活習慣の見直しのポイント3:女性の場合意外と重要なナプキン

女性にとって欠かせないのが生理用品でしょう。現在ではナプキンも高品質のものも出てきています。それに甘えて、長時間同じものを装着し続けている方はいませんか?もしそうであれば、こまめにナプキンを取り替えるように改めましょう。いくら快適に過ごせる商品でも同じものを長時間使用していると、蒸れや炎症の原因となる可能性が高いです。特に生理中はデリケートゾーンの肌が敏感になっており黒ずみになりやすいです。衛生面の対策にはいつも以上に気を使った方がいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法「生活習慣の見直し」で解消できる黒ずみ3つの原因

生活習慣の見直しをすることで、デリケートゾーンの黒ずみを解消できる可能性は大いにあります。色素沈着を起こしてしまう原因を排除できるからです。では具体的にどのような黒ずみの原因を排除できるかについて以下で詳しく紹介します。

生活習慣の見直しで対策できる黒ずみの原因1:ホルモンバランスの乱れ

生活習慣が乱れて、睡眠不足が慢性化すると疲労がどんどん蓄積します。するとホルモンバランスが乱れる可能性があります。肌のターンオーバーも乱れてしまって、メラニン色素の生成を促進してしまい、デリケートゾーンの黒ずみの個所がなかなか薄くならなくなります。しかししっかり睡眠をとれば、肌のターンオーバーも正常に戻るでしょう。またストレスもホルモンバランスの乱れを引き起こします。趣味の時間を定期的に作るなど、適度にストレス発散できる方法を考えることも大事です。
「ホルモンバランスの乱れ」はデリケートゾーンの黒ずみの原因?

生活習慣の見直しで対策できる黒ずみの原因2:かぶれや炎症

ナプキンの装着方法を見直すことで、デリケートゾーンのかぶれや炎症などの肌トラブルが起きにくくなります。またトイレットペーパーを使って股間を拭くときの方法も見直してみるといいでしょう。ごしごし拭くのではなく、トイレットペーパーを押さえて、尿などを紙に吸い取ってもらうように心がけましょう。そうすれば肌への刺激も少なくなって、メラニン色素の分泌リスクを少なくでき、デリケートゾーンの黒ずみが減らせます。
炎症やかぶれはデリケートゾーンの黒ずみの原因?3つの対策方法

生活習慣の見直しで対策できる黒ずみの原因3:誤った洗浄方法

デリケートゾーンの部分の洗浄方法が間違っていると、余計な刺激を与えることになってメラニン色素の分泌を促す結果につながりかねません。生活習慣の見直しの中で、正しい洗浄方法をマスターし実践できれば、余計な刺激を与えることなく清潔さを維持できるでしょう。すなわちデリケートゾーンの黒ずみの問題も解消できるかもしれません。