デリケートゾーン黒ずみ対策

「正しいムダ毛の処理」でデリケートゾーンの黒ずみ対策

下着や水着を着用した時に、アンダーヘアがはみ出しているとかっこ悪く感じる女性は多いでしょう。彼とデートするときや夏場海水浴に出かけるときなど、ムダ毛がはみ出ないように自分で処理している人も多いでしょう。そしてデリケートゾーンのムダ毛を処理した後、肌を見てみると黒ずんでいたという経験はありませんか?
実はこの自己処理の方法が間違っていると肌に大きな負担をかけ、デリケートゾーンの肌に色素沈着を引き起こす恐れがあります。アンダーヘアを除去するのは構いませんが、デリケートゾーンの黒ずみ対策をするためには正しいムダ毛の処理方法をマスターしたほうがいいでしょう。肌にできるだけ余計な負担をかけることなく処理をすることがポイントです。

なんでムダ毛処理がデリケートゾーンの黒ずみ対策になるの?

デリケートゾーンのムダ毛処理をするにあたって、カミソリや市販の除毛クリームを使っている人もいるでしょう。しかしカミソリの場合、刃物を直接肌に当てることになります。そして見た目は陰毛を剃っているように見えるかもしれませんが、細かく見るとデリケートゾーンの肌も薄く除去している形になるでしょう。ですから肌にどうしても大きな負担をかけます。
除毛クリームは体毛を溶かすことによって取り除く手法をとります。体毛を溶かすような化学物質が含まれているので、どうしてもデリケートゾーンの肌に大きな負担をかけます。このようなダメージから肌を守るために、メラニン色素を分泌します。その結果、デリケートゾーンに黒ずみが生じやすくなるのです。しかし正しいムダ毛処理の方法をマスターしていれば、肌にかかる負担も軽減されます。このため、黒ずみの発症リスクを低減できるわけです。

費用 基本的にゼロ円
解消までの期間 数か月単位
解消効果 炎症やカミソリ負けなどの対策も可能

正しいムダ毛処理の方法とは?

ではデリケートゾーンに黒ずみが起こりにくいムダ毛の処理方法はどのようなものなのでしょうか?
まずはカミソリや市販の除毛クリームの場合、上で紹介したように肌に大きな負担をかけてしまいます。そこで電気シェーバーを使うと肌への負担も最小限に抑制できます。
電気シェーバーを使用する際には、なるべく肌に優しく当てることも意識しましょう。肌に強く押し当てなくても、ムダ毛は十分処理できます。電気シェーバーはカミソリや除毛クリームと比較すると、肌にかかる負担を軽減できます。
しかしそれでも肌には多少なりとも刺激を与えてしまいます。そこで処理後が重要です。肌をダメージから速やかに回復させるためには、保湿クリームなどを塗って、乾燥肌対策を進めることです。

デリケートゾーンのムダ毛は自分で処理をするよりも、やはりエステサロンなどでプロに施術をお任せするのがおすすめです。エステサロンであれば、肌のことについて専門知識を持ったエステティシャンが脱毛してくれます。肌にダメージを与えないような最新機器を使って施術を行いますので、デリケートゾーンの黒ずみなどのトラブルも起こりにくいです。
何度も繰り返し施術を受ければ、ムダ毛も生えてきにくくなります。自分で処理する頻度も少なくなり、肌への負担も軽減されデリケートゾーンの黒ずみの悩みも解消される可能性があります。

デリケートゾーンの黒ずみの対策方法「ムダ毛処理」で解消できる黒ずみの原因

ムダ毛処理は女性にとって、もはやエチケットといっても過言ではないでしょう。しかしそのやり方が間違っていればデリケートゾーンは黒ずみやすくなります。正しい方法をマスターしていれば、デリケートゾーンの黒ずみの原因を解消できるかもしれません。そこでここでは具体的にどのような原因を解消できるかについて、具体的に見ていきましょう。

ムダ毛処理で対策できる黒ずみの原因1:メラニン色素の分泌

もしカミソリなどを使ってデリケートゾーンのムダ毛の処理をしてきたのであれば、刃物によって肌が常にダメージを受けています。強い刺激を受け続けているので、メラニン色素が分泌されやすくなり、デリケートゾーンの黒ずみが引き起こされているかもしれません。
しかし電気シェーバーを使って処理を進めるなど、正しいムダ毛処理の方法をマスターしていれば肌への刺激も低減できます。その結果、ムダ毛の処理をしても色素沈着の発症リスクを低く抑制でき、デリケートゾーンが黒ずみにくくなるわけです。

ムダ毛処理で対策できる黒ずみの原因2:炎症やかぶれ

肌トラブルなどで炎症を繰り返すと傷跡が黒く残ってしまいます。このように色素沈着の要因の一つとして、炎症も考えられます。誤ったムダ毛処理をしていると、肌もダメージを受けやすくなって炎症を起こしやすくなります。しかし正しいムダ毛処理の方法をマスターして、できるだけ肌に負担をかけないように心がければ、炎症の発症リスクも低く抑えられます。炎症リスクを排除することで、デリケートゾーンの黒ずみも起こりにくくなるでしょう。

ムダ毛処理で対策できる黒ずみの原因3:乾燥

アンダーヘアの処理をした後で、肌は乾燥しやすい状況に陥ります。正しい処理の方法を理解して、シェービング後に保湿クリームを塗るなどの対策を行えば、乾燥しにくくなります。その結果、乾燥を原因とした色素沈着を招く恐れも排除できるでしょう。デリケートゾーンは特に乾燥しやすい箇所なので、保湿はしっかり行った方がいいです。