デリケートゾーン黒ずみの原因

炎症やかぶれはデリケートゾーンの黒ずみの原因?3つの対策方法

デリケートゾーンの黒ずみの原因として、かぶれや炎症から黒ずむことも少なくありません。
かぶれが起きると、かゆみが引き起こされます。経験者の方であればお分かりでしょうが、時として我慢のできない強いかゆみを伴うこともあるでしょう。そしてどうしても患部を掻いてしまうこともあるはずです。これが刺激となって肌を守るためにメラニン色素が分泌されてしまいます。
また炎症は肌が傷ついた状態です。炎症も慢性化してしまうと、これもまた肌を保護するためにメラニン色素が分泌され、デリケートゾーンに黒ずみを発症してしまうのです。

なんで炎症やかぶれが原因でデリケートゾーンが黒ずむの?

かぶれとデリケートゾーンの黒ずみの関係

もともとデリケートゾーンはかぶれやすい箇所といわれています。股間は基本手に常に衣服によって覆われているため、どうしても高温多湿になり、蒸れやすいです。しかも女性の場合、おりものや整理の経血などの影響で、さらに蒸れたりかぶれやすい環境になりがちです。
蒸れた状態をそのまま放置していると、かぶれや炎症を引き起こす恐れも高まります。しばしば股間がかゆくなる、ムズムズする場合には注意したほうがいいでしょう。

デリケートゾーンに炎症を引き起こす要因

デリケートゾーンに炎症などの肌トラブルを起こしている女性は意外と多いです。女性の中には、アンダーヘアの処理をするために自分でシェーバーやカミソリを使っている人もいるでしょう。特にカミソリの場合、刃を直接肌にあてるような形になってしまいます。その結果、肌が傷つきやすくなるわけです。
もう一つ自分でムダ毛の処理を行っている場合、数日経過するとまだ体毛は再生してしまいます。この時まだ毛穴から少し出たような状態の場合、チクチクしますね。このチクチクが肌に刺激になって炎症を引き起こすこともあり得ます。その結果、肌を守るためにメラニン色素の分泌が活発になってデリケートゾーンの黒ずみの原因となることもあり得ます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因「炎症やかぶれの対策方法」

デリケートゾーンに炎症やかぶれが起こらないように、もしくは起きた場合でも黒ずみにならないようにするための対策について説明します。

炎症やかぶれの対策方法1:下着の選び方に注意

デリケートゾーンにかぶれや炎症が起きるのであれば、下着が合っていないのかもしれません。もし安価な下着を使っているのであれば、ポリエステルをはじめとした化学繊維が原料でしょう。心当たりのある人は、シルクや綿といった天然由来の素材で作られている下着にチェンジしたほうがいいでしょう。
また締め付けのきつい下着を履き続けていると、かぶれが起こりやすくなります。股間が密閉状態になって、蒸れやすくなったりこすれるためです。もし下着を脱いだ時に跡ができているのであれば、ワンサイズ大きめのものに交換するといいでしょう。
下着選びに関して詳しい内容はこちら

炎症やかぶれの対策方法2:ウェットシートを活用する

外出中にちょっと股間が蒸れた時に解消できるのが、ウェットシートです。トイレに入ってさっとデリケートゾーンをひと拭きすれば汗やおりもの、経血などもふき取ることが可能です。
ここで注意しなければならないのは、デリケートゾーン専用のウェットシートを使用することです。ボディ用のものを使ってしまうと、肌への刺激・負担がどうしても大きくなります。このため、かえって拭くことで逆効果になってしまう恐れがあります。デリケートゾーン専用のシートが販売されているので、こちらを使用するように心がけましょう。

炎症やかぶれの対策方法3:正しいアンダーヘアのお手入れ方法

デリケートゾーンの炎症の原因として、アンダーヘアの間違ったお手入れがあります。しかしアンダーヘアをはやしっぱなしにするのには抵抗化がある人もいるでしょう。
もし自分で処理するのであれば、まず毛を蒸らしておくことが大事です。皆さんもご存知のようにデリケートゾーンのアンダーヘアは太くて濃いです。このため、剃る場合肌にどうしても大きな負担がかかります。
前もってもし蒸らしておけば、毛が水分を含んで柔らかくなります。その結果、そのままと比較すると簡単に剃ることができ、肌への負担も軽減されます。お湯などを含んだタオルを股間の上に置き、しばらくそのままにしてからお手入れをすれば剃ったあとに炎症も起こりにくくなり、デリケートゾーンの黒ずみ対策になります。

またアンダーヘアの処理をする際には、シェービングジェルを塗ってから行うのもおすすめです。ここで勘違いしている人も多いのですが、ボディソープやせっけんで代用するのはNGです。ボディソープやせっけんは汚れを落とすのが目的で肌の油分を取り除く働きがあります。これで処理をしてしまうと肌が乾燥して、かぶれやかゆみが起きてデリケートゾーンの黒ずみの原因となります。シェービングジェルなど専用のものを使って処理するように心がけましょう。
デリケートゾーンのムダ毛のお手入れに関して詳しい内容はこちら